1230016497071132

フライト中のドローンの接続が切れた時の応急措置とホームポイントの設定について

※検索欄にはスペースを入れずにご入力ください。例:Phantom4Pro

フライト中にドローンの接続が切れた時の応急措置について

2018/09/26
by TOHASEN STORE スタッフ

DJIの海外フォーラムからフライト中にドローンの接続が切れた時の応急措置に関する記事がありましたので、共有致します。

電波がつながらない状況のテストをしています。アプリが接続されなくてもコントロールでき、きちんと帰還できました。送信機がつながらなかった場合RTH(自動帰還モード)に切り替わると思いますが、送信機の電源を切って再起動し、また元のように接続した場合、ホームポイントはリセットされるのでしょうか?または最初の状態に戻るのでしょうか

回答:
送信機とドローンが接続しているときに送信機をリセットしてはいけません。もしドローンが視界内の場合、アプリ上でロストしても戻すことはできます。RTHは目視外飛行の時にだけ使ってください。また、使用する前にドローンにホームポイントがきちんと記録されているか確認してください。ドローンと送信機が接続されていなくても(ステータスを示す光がレッドに変わります)、離陸場所に近づくと自動的に接続されるようになります。ドローンが戻っているときに完全に接続が切れて、再接続できない状態になった場合は送信機を再起動するだけで大丈夫です。しかし、送信機の再起動は最終手段です。

1230016497071132

DJIドローン保険はお客様のお手続きが必要です。

─────────────────────────────────────────────────────────◆

DJIドローン対象商品には1年間の無償付帯保険がついております。ご購入後は、お客様にて保険加入登録のお手続きが必要となります。手続きされない場合は補償は受けられません。詳しくはこちら


■ドローン各種サービス 実施中
--------------------------------------------------

1)法人様向け販売プログラム 開始しました 2)他店購入のドローンも有償修理受付いたします 3)メーカーDJI認定担当者による定期点検 受付中 4)買取・下取りキャンペーン 実施中