1230016497071132

TOHASENがご案内 / ドローンの飛行ルールに関して -改正航空法-

※検索欄にはスペースを入れずにご入力ください。例:Phantom4Pro

ドローンの飛行ルールに関して

ドローンに関しては、今現在も法規制やルールづくりの改定が進められていますので
たとえパイロットにそのつもりがなくとも、法律上の思わぬリスクを犯してしまう危険性があります。

主な関係法令は 航空法や「無人機規制法」などになります。


1:航空法に伴うルール

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。航空法は国土交通省管轄です。

詳細はこちら


2:空撮時の注意点



総務省からは、空撮撮影映像のネット公開に係るプライバシー・肖像権に関して、
「小型無人機「ドローン」による撮影映像等のインターネット上での取扱に係る注意喚起」がでています。
また、これ以外にも盗撮同様「迷惑防止条例違反」とならないよう注意する必要もあります。

詳細はこちら


3:私有地上空の飛行



私有地(民有地)の上空は別途定めのない限り「土地所有権」の範囲に含まれる、と解釈されますので、
地権者や施設管理者の許可を得た方がよいでしょう。




4:道路・公園等施設での飛行

道路は道交法での規制対象とされるリスクがあります。
公園等は、施設管理者である各地方自治体の条例による規制や、管理団体による規制がある場合があります。


詳細はこちら


5:河川・河川敷・海・海岸での飛行




進入禁止指定のない場所で占有したり、部材を常設設置するようなことがないのでしたら、適法のようです。


詳細はこちら


より詳しくは、弊社運営「TOHASEN TV」内の飛行ルールに関してをご参照ください。
リンクはこちら か下記バナーをクリックください。

TOHASEN TV 「飛行ルールに関して」へ



1230016497071132