DJI Matrice 30(DJI Care Enterprise Basic) JP 

◆外部倉庫より直送◆ | 1~3営業日以内の出荷 [倉庫欠品時は納期かかります]
[価格はお問い合わせください]
10 日
6941565929464_B

商品紹介

DJI産業ドローンに関する総合問い合わせフォーム


概要

保護等級IP55
軽量で優れた携帯性
パワフルなハイブリッドセンサー ペイロード
DJI RC Plus
DJI FlightHub 2
DJI Dock

ハイライト

本製品には機体保証以下のサービスがついております。
  • DJI Enterprise Shield(Basicプラン)
  • DJI定期点検サービス Basic 1回分
  • ※点検サービスの有効期限は1年間です。

    ※バッテリーは別売りとなります。
    ※D-RTK 2 モバイルステーションをご利用の場合も別途ご購入が必要です。

    同梱物

    Matrice 30 本体×1
    RC Plus 送信機×1
    USB-Cケーブル×1
    USB-C to USB-C ケーブル×1
    キャリーケース×1
    ネジ&ツール×1
    プロペラ(CW)×2
    プロペラ(CCW)×2
    バッテリーステーション×1

    AC電源アダプター×1
    ペアリングバッテリー用 ステッカー


    すべてをキャプチャするためのユニークな空中インテリジェンス 最も過酷な環境で信頼性があります
    どこへ行っても持ち運び可能 DJI DOCK(日本発売未定)



    新世代の産業ドローン

    MATRICE 30 / MATRICE 30T



    強力な飛行性能

    パワーと携帯性のバランスにより、運用効率が向上します

    41分

    15m/s

    7,000m

    23m/s

    最大飛行時間 最大風圧抵抗 運用限界高度 最大飛行速度



    環境適応性

    IP55保護により、M30は-20°C〜50°Cの範囲の悪天候や温度に簡単に対処できます。



    安全で信頼できる

    デュアルビジョンセンサーとToFセンサーは、航空機の6つの側面すべてに表示され、航空機とミッションを安全に保ちます。内蔵のADS-B受信機は、近くに到着する乗務員の航空機にタイムリーに警告を発します。


    冗長性とバックアップシステム

    組み込みの高度な冗長システムは、予期しないシナリオでも重要な任務を遂行し続けるのに役立ちます。




    強化された伝送システム

    4つの内蔵アンテナがOcuSync3Enterpriseをサポートし、複雑な環境でもトリプルチャネル1080pビデオ伝送と入力フィード間のシームレスなスワッピングを可能にします。 複雑な、またはリモートの作業環境で安定したビデオ伝送をサポートするオプションの4Gドングル4であるDJIセルラーモジュールとの接続を強化します。


    軽量でポータブル

    コンパクトで折りたたみ可能なM30シリーズは、梱包、持ち運び、展開が簡単です。


    すべてをキャプチャする

    M30シリーズは、ワイドカメラ、ズームカメラ、サーマルカメラ(M30Tのみ)とレーザー距離計を統合しており、必要なときに必要な空中データを一緒にキャプチャできます。

    ワイドカメラ


    等価焦点距離:24 mm、DFOV:84°、12 MP 1/2''CMOSセンサー、ビデオ解像度:4K / 30fps

    ズームカメラ


    48 MP1/2''CMOSセンサー、5x-16x光学ズーム、最大200倍ハイブリッドズーム、写真の解像度:8K、ビデオ解像度:4K / 30fps

    赤外線カメラ(M30T)


    等価焦点距離:40mm、解像度:640×512、フレームレート:30fps、測定精度:±2°Cまたは±2%5

    レーザー距離計


    範囲:3 m〜1200 m、精度:±(0.2m + D×0.15%)6



    優れた画質

    夜間飛行



    暗い場所に最適化されたFPVカメラを使用すると、夜間でも地面とスカイラインがはっきりと見えるため、安全で自信を持って飛行できます。

    Smart Low-Light Photo



    Smart Low-Light Photoを使用して、暗い場所で明るく鮮明な画像をキャプチャします。

    RGB



    上からすべてを見てください。

    赤外線



    高解像度の熱機能のおかげで、ホットスポットと熱の兆候を見つけることができます。

    レーザー距離計



    ビュー内のオブジェクトをPinPointし、高度なセンサーフュージョンアルゴリズムがその座標を即座に提供します。



    革新的な飛行制御体験




    商用ドローンパイロット向けに構築

    デュアルコントロールモードを備えた7インチワイドスクリーンDJIRCPlusは、エンタープライズユーザー向けにカスタマイズされています。

    企業の環境適応性



    IP54保護
    防水・防塵

    -20°Cから50°C
    暑い気候と寒い気候の両方に対応

    安全性とバッテリー寿命の向上

    4アンテナ OcuSync3 Enterprise



    安定したビデオ伝送と取り外し可能なデュアルアンテナでより多くのエリアをカバーします。

    DJIセルラーモジュール



    OcuSync3 Enterpriseを補完する4Gサポートを追加するためにDJIセルラーモジュールを接続します。

    バッテリー寿命の延長



    内部および外部のバッテリー構成は、6時間のバッテリー寿命を実現し、シームレスで中断のない飛行操作のためのホットスワップを可能にします。


    まったく新しいDJIPilot2のご紹介

    操縦効率と飛行の安全性を向上させるために設計された、改良されたエンタープライズ飛行インターフェース。

    再考されたユーザーインターフェース



    ドローンとペイロードのコントロールは、ワンタップで簡単にアクセスできます。フライトの詳細とナビゲーション情報を明確に表示することで、ユーザーエクスペリエンスとフライトの効率が向上します。

    安全性と効率性のための人間工学的設計



    Pilot2はDJIRCPlusとシームレスに連携します。画面側のボタンとカスタマイズ可能なボタンはすべて手の届くところにあり、カメラビューの調整やPinPointのドロップなどの迅速な操作を可能にします。



    Flight Safety

    飛行前チェックリスト



    包括的なチェックリストは、航空機のステータスとパラメータ設定をすばやく確認するのに役立つため、自信を持って離陸できます。

    ナビゲーションディスプレイ



    最適化されたインターフェースは、ホームポイント、PinPoint、および近くの障害物を表示して、安全性を向上させ、包括的な状況認識を提供します。

    アラート通知



    状況やシナリオが変化するにつれて、タイムリーなアラートで最新情報を入手してください。



    DJI FlightHub 2




    Ground-to-Cloud Synergy

    1

    ミッション環境をマスターする



    FlightHub 2は、迅速な地形認識のための2.5Dベースマップ、迅速なサイト概要のためのワンタップパノラマ同期、およびRGBまたは赤外線での高速マッピングのためのクラウドマッピングを提供します。

    ミッションライブストリーミング



    複数のユーザーを1つまたは複数のドローン操作に同時に接続し、低遅延、高解像度のライブストリーミングのおかげで、チームを最新の開発で最新の状態に保ちます。

    ライブアノテーション



    効率的なミッション管理とリソース配分のために、関心のあるオブジェクトまたは領域を強調表示します。注釈は、プロジェクトの調整とタスクの分散をタイムリーに行うために、地上チーム、パイロット、またはチームメンバーに表示されます。

    合理化されたチームコミュニケーション



    チームの位置、ドローンのステータス、ミッションの詳細などの貴重な情報をリアルタイムで複数のデバイスタイプ間で同期し、チームのコラボレーションをこれまでになく簡単にします。



    高度なインテリジェンス

    ルートの計画と管理



    FlightHub 2で計画された飛行ルートとミッションは、パイロット2と簡単に同期できます。運用データをFlightHub 2メディアファイルに自動的にアップロードして、統合された管理と分析を行うことができます。

    スマートインスペクション



    Live Mission Recordingにアップグレードすると、最適化されたユーザーインターフェイス、便利なタスクレコーディング、およびターゲットポイントのマーキングが実現し、操作手順が90%節約されます。ジンバルの角度と写真の設定をウェイポイント間で調整できるため、飛行とミッションの効率が向上します。



    DJIドック、移動の少ない道路用


    ノンストップオペレーション



    DJI Dock(M30シリーズDockバージョン7)は、最大動作範囲7 km8、IP55耐候性、および-35℃から50℃の温度範囲での弾力性を備えたフラッグシップレベルのパフォーマンスを備えています。

    高速充電、高速ターンアラウンド



    ドローンのバッテリーを冷却するTECエアコンのおかげで急速充電と離陸が可能で、わずか25分で10〜90%の充電が可能です。

    クラウドプラットフォーム管理



    FlightHub 2を使用して、クラウドから完全なDJIDock機能のロックを解除します。ミッションのスケジュール設定、飛行ルートの作成と編集、収集されたデータの管理。

    プライベート展開



    Cloud APIは、カスタムのプライベートサーバーをセットアップできる開発者やシステムインテグレーターにDJIDock機能を提供します。



    コアパッケージ

    Matrice 30シリーズ(M30またはM30T)には、DJI RC Plus、2つのTB30インテリジェントフライトバッテリー、1つのBS30インテリジェントバッテリーステーション、および航空機の収納ケースが付属しています。

    BS30 Intelligent Battery Station



    ミッションのニーズを満たすための複数の充電モードを備えたスマートでポータブルなソリューション。 TB30インテリジェントフライトバッテリーの4つのペアとRCPlusバッテリーの1つのペアを充電することができ、ペアは一度に1つずつ充電され、1つのペアは20〜90%の充電にわずか30分かかります。

    TB30 Intelligent Flight Battery



    各バッテリーは、寒冷環境での自己発熱、高速ターンアラウンドのためのホットスワップ、および運用効率の向上のための400回の充電サイクル10をサポートします。

    DJI Cellular Module



    ドローンとリモートコントローラー間の4Gベースの伝送リンクを提供すると同時に、リモートコントローラーのインターネット接続も可能にします。





    SPEC


    機体

    サイズ
    (展開時。プロペラは含まない)
    470×585×215 mm(長さ×幅×高さ)
    サイズ
    (折りたたんだ状態)
    365×215×195 mm(長さ×幅×高さ)
    対角ホイールベース 668mm
    重量(バッテリー2個含む) 3770 ± 10 g
    最大離陸重量 3998g
    動作周波数[1] 2.4000〜2.4835 GHz、5.725〜5.850 GHz(日本国内では、5.8 GHz帯は使用不可)
    伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<33 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
    5.8 GHz:<33 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm (CE)
    ホバリング精度
    (無風または微風)
    垂直:±0.1 m(ビジョンシステム有効時)、±0.5 m(Nモード、GPSあり)、±0.1 m(RTK)
    水平:±0.3 m (ビジョンシステム有効時)、±1.5 m(Nモード、GPSあり)、±0.1 m(RTK)
    RTK測位精度
    (RTKが有効でFIXステータスの場合)
    1 cm+1 ppm(水平)
    1.5 cm+1 ppm(垂直)
    最大角速度 ピッチ:150°/s、ヨー:100°/s
    最大傾斜角度 35°(Nモード時および前方ビジョンシステム有効時:25°)
    最大上昇速度/最大下降速度 上昇:6 m/s、下降:5 m/s
    最大下降速度(チルト) 7m/s
    最大水平速度 23m/s
    運用限界高度(海抜)(他のペイロードなし) 5000 m(1671プロペラ使用時)
    7000 m(1676プロペラ使用時)
    最大風圧抵抗 15 m/s
    12 m/s(離着陸中)
    最大ホバリング時間[2] 36分
    最大飛行時間[2] 41分
    モーター型式 3511
    プロペラ型式 1671
    1676 高地用(非同梱)
    保護等級[3] IP55
    GNSS GPS+Galileo+BeiDou+GLONASS
    (GLONASSは、RTKモジュールが有効になっている場合にのみ対応)
    動作環境温度 -20℃〜50℃


    ジンバル

    角度ぶれ範囲 ±0.01°
    操作可能範囲 パン:±90°
    チルト:-120°〜+45°
    機械的可動範囲 パン:±105°
    チルト:-135°〜+60°
    ロール:±45°


    ズームカメラ

    センサー 1/2インチCMOS、有効画素数:48M
    レンズ 焦点距離:21〜75 mm(35 mm判換算:113〜405 mm)
    絞り:f/2.8-f/4.2
    フォーカス:5 m〜∞


    広角カメラ

    センサー 1/2インチCMOS、有効画素数:12M
    レンズ DFOV:84°
    焦点距離:4.5 mm(35 mm判換算:24 mm)
    絞り:f/2.8
    フォーカス:1 m〜∞


    サーマルカメラ

    サーマル撮像素子 非冷却VOxマイクロボロメータ
    レンズ DFOV(対角視野):64°
    焦点距離:9.1 mm(35 mm判換算:40 mm)
    絞り:f/1.0
    フォーカス:5 m〜∞
    赤外線温度測定の精度[4] ±2°Cまたは±2%(大きいほうの値を使用)


    FPVカメラ

    解像度 1920×1080
    DFOV(対角視野) 161°
    フレームレート 30 fps


    レーザーモジュール

    波長 905 nm
    最大レーザー出力 3.5 mW
    シングルパルス幅 6 ns
    測定精度 ± (0.2 m + D×0.15%)
    Dは垂直表面までの距離
    測定範囲 3~1200 m(0.5×12 mの垂直反射面、反射率20%)


    ビジョンシステム

    障害物検知範囲 前方:0.6〜38 m
    上方/下方/後方/側方:0.5~33 m
    FOV 65° (H)、50° (V)
    動作環境 地表の模様が明瞭で、充分な照度条件下 (> 15 lux)


    赤外線システム

    障害物検知範囲 0.1 ~ 10 m
    FOV 30°
    動作環境 大型で拡散反射する物体(反射率>10%)


    TB30 インテリジェント フライトバッテリー

    容量 5880 mAh
    電圧 26.1 V
    バッテリータイプ LiPo 6S
    電力量 131.6 Wh
    正味重量 約685 g
    動作環境温度 -20℃〜50℃
    保管環境温度 20℃〜30℃
    充電温度範囲 -20℃〜40℃
    (温度が10°C未満の場合、自己発熱機能が自動的に有効になります。低温状態での充電は、バッテリーの寿命を短くする恐れがあります)


    補助ライト

    有効照明距離 5m
    照明タイプ 60 Hz、点灯


    送信機

    画面 7.02インチ LCDタッチ画面、解像度1920×1200ピクセル、高輝度1200 cd/m2
    内部バッテリー 種類:Li-ion (6500 mAh @ 7.2 V)
    充電タイプ:バッテリーステーション、もしくは最大定格電力65WのUSB-C充電器(最大電圧20V)
    充電時間:2時間
    材料:LiNiCoAIO2
    外部バッテリー(WB37インテリジェントバッテリー) 容量:4920 mAh
    電圧:7.6 V
    バッテリータイプ:Li-ion
    電力量:37.39 Wh
    材料:LiCoO2
    動作時間[5] 内部バッテリー:約3時間18分
    内部バッテリー + 外部バッテリー:約6時間
    保護等級[3] IP54
    GNSS GPS+Galileo+BeiDou
    動作環境温度 -20℃〜50℃


    O3 Enterprise

    動作周波数[1] 2.4000~2.4835 GHz、5.725~5.850 GHz(日本国内では、5.8 GHz帯は使用不可)
    最大伝送距離(障害物、電波干渉のない場合) 15 km (FCC)、8 km (CE/SRRC/MIC(日本))
    最大伝送距離 強い干渉(都市部の景観、限られた視界、競合する信号が多い):1.5~3 km (FCC/CE/SRRC/MIC(日本))
    中程度の干渉(郊外の景観、開けた視界、競合する信号が少しある):3~9 km (FCC)、3~6 km (CE/SRRC/MIC(日本))
    弱い干渉(開放的な景観、完全に開けた視界、競合する信号が少ない):9~15 km (FCC)、6~8 km (CE/SRRC/MIC(日本))
    伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<33 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
    5.8 GHz:<33 dBm (FCC)、<14 dBm (CE)、<23 dBm (SRRC)


    Wi-Fi

    プロトコル Wi-Fi 6
    動作周波数[1] 2.4000〜2.4835 GHz、5.150〜5.250 GHz、5.725〜5.850 GHz(日本国内では、5.8 GHz帯は使用不可)
    伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<26 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/ SRRC/MIC(日本))
    5.1 GHz:<26 dBm (FCC)、<23 dBm (CE/ SRRC/MIC(日本))
    5.8 GHz: <26 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm(CE)


    Bluetooth

    プロトコル Bluetooth 5.1
    動作周波数 2.4000〜2.4835 GHz
    伝送電力 (EIRP) < 10 dBm


    BS30 インテリジェント バッテリーステーション

    サイズ 353×267×148 mm
    正味重量 3.95 kg
    対応しているバッテリータイプ TB30インテリジェント フライトバッテリー
    WB37 インテリジェント バッテリー
    入力 100~240 V AC、50/60 Hz
    出力 TB30バッテリーポート:26.1 V、8.9 A(最大2つの出力を同時にサポート) WB37 インテリジェントバッテリー:8.7 V、6 A
    出力電力 525 W
    USB-Cポート 最大出力電力:65 W
    USB-Aポート 最大出力電力:10 W (5 V、2 A)
    消費電力(バッテリーを充電していない時) < 8 W
    出力電力(バッテリーのウォーミングアップ時) 約30 W
    動作環境温度 -20℃~40℃
    保護等級[3] IP55(カバーをしっかりと閉じた状態)
    充電時間[6] 約30分(TB30バッテリーを20%から90%まで充電)
    約50分(TB30バッテリーを0%から100%まで充電)
    保護機能 逆流防止保護
    短絡保護
    過電圧保護
    過電流保護
    温度保護


    その他

    脚注 [1] 5.8 GHz帯と5.1 GHz帯の周波数帯は、一部の国では使用が禁じられています。また、5.1 GHz周波数帯の使用が、屋内でのみ利用可能な国も一部あります。
    [2] 最大飛行時間と最大ホバリング時間は、ラボ環境下にて測定された値で、あくまで参考用です。
    [3] この保護等級は恒久的なものではなく、長期間使用することで時間とともに効果が減衰することがあります。
    [4] 赤外線温度測定の精度は、ラボ環境下でテストしたもので、あくまで参考値です。
    [5] 最大動作時間は、ラボ環境下で測定された値で、あくまで参照値です。
    [6] 充電時間は室温のラボ環境下でテストしたものです。ここで記述された値は参考値です。





    FAQ


    機体

    Matrice 30 (M30)とMatrice 30T (M30T)の違いを教えてください。 これらの機体には、以下の違いがあります。M30のジンバルカメラには、広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計の3つのセンサーが搭載されています。M30Tのジンバルカメラには、広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計、サーマルカメラの4つのセンサーが搭載されています。
    M30シリーズのどのバージョンが、DJI Dockと互換性がありますか? M30シリーズの機体には、M30、M30T、M30(Dock版)とM30T(Dock版)の4バージョンがあり、その中で、M30(Dock版)とM30T(Dock版)のみがDJI Dockと互換性があります。Dock版ではないM30/M30Tの機体とは互換性はありません。これは、DJI Dockと互換性を持たせるために、Dock版のM30(Dock版) / M30T(Dock版)のボディデザインが、M30/M30T(標準版)のデザインとわずかに異なっているためです。よって、DJI Dockを購入すると、M30(Dock版)、もしくはM30T(Dock版)が同梱されています。
    フレームアームのロック検知機能に対応していますか? 対応しています。M30シリーズの機体には、フレームアームロック機能を搭載しています。もしアームが十分に展開されずに、正しくロックされていない場合は、アプリ上で離陸を禁止する警告が表示されます。


    バッテリー

    2個のTB30 インテリジェント フライトバッテリーを完全に充電するには、どれくらい時間がかかりますか? BS30 インテリジェント バッテリーステーションを使った場合、2個のTB30 インテリジェント フライトバッテリーを完全充電するのに約50分、90%まで充電するのに約40分、20%から90%まで充電するのに約30分かかります。
    TB30 インテリジェント フライトバッテリーを低温環境で使用できますか? TB30 インテリジェント フライトバッテリーの動作環境温度は、-20°C〜50°Cです。ただし、低温環境下で使用すると、バッテリー寿命が短くなります。適切に飛行を計画してください。バッテリーが最適な性能を発揮するためには、バッテリー温度を18℃以上に保つか、自己発熱機能を使って、18℃になるまで温めてください。(バッテリー温度が10℃以下の場合、離陸制限がかかります)
    TB30 インテリジェント フライトバッテリーを、航空機に機内持ち込みできますか? TB30 インテリジェント フライトバッテリーの電力量は131.6 Whです。航空機に機内持ち込みする際は、航空会社に確認の上、現地の規制を遵守してください。
    長時間保管した時、バッテリーが熱を持つのはなぜですか? リチウム電池を、完全充電された状態で長時間保管すると、バッテリー寿命が著しく短くなってしまいます。安全に保管し、バッテリー寿命が短くなるのを防ぐため、完全充電されたバッテリーは自動放電機能を起動し、バッテリー残量約60%まで放電します。この自動放電中に、バッテリーがある程度の熱を発しますが、それは正常の動作です。


    バッテリーステーション

    BS30 インテリジェント バッテリーステーションは、自動放電機能に対応していますか? 対応していません。

    送信機

    M30シリーズの送信機は、Matrice 300 RTKと互換性がありますか? 後日、対応を予定しています。


    ジンバル&カメラ

    M30シリーズのジンバルカメラは、他のペイロードと交換できますか? ジンバルカメラは固定されているため、交換できません。
    M30シリーズの機体にはどのような撮影モードがありますか? シングル撮影、高解像度グリッド写真、タイマー撮影、パノラマ撮影、スマート低照度写真のモードがあります。
    ジンバルロック機能の使い方を教えてください。また、ジンバルをロックする必要がある理由も教えてください。 ジンバルを90°上に倒すと、チルト軸をロックします。
    チルト軸をロックすることで、機体の移動中や保管中にカメラのレンズを保護し、レンズに傷がつくことを防ぎます。作業現場に到着後、ジンバルをすばやく簡単にロック解除できるため、作業準備の時間を大幅に短縮します。


    応用

    M30シリーズは、SDK機能に対応していますか? Payload SDKとMobile SDKに対応しています。M30シリーズの機体の上部にあるPayload SDKインターフェースは、Onboard SDKの機能を統合しています。技術サポートについては、dev@dji.comにご連絡ください。
    M30シリーズは、高精度マッピング機能に対応していますか? 対応していません。M30シリーズは、航空測量用に設計されていません。DJI Pilot 2アプリを使って、飛行経路を計画したり、空撮用のFPVモードで写真を撮影することができますが、作成されたモデルの精度は保証いたしかねます。
    M30シリーズは、D-RTK 2 モバイルステーションと一緒に使用できますか? はい。M30シリーズと一緒に使用するには、D-RTK 2 モバイルステーションのファームウェアを最新のバージョンに更新してください。


    ソフトウェア

    M30シリーズのファームウェアの更新方法を教えてください。 1. 以下の方法で更新できます。
    機体をパソコンに接続し、DJI Assistant 2 (Enterprise Series)を使用して、機体、送信機、D-RTK 2 モバイルステーションのファームウェアを更新します。
    DJI Pilot 2アプリを使用して、機体、送信機、BS30 インテリジェント バッテリーステーションのファームウェアを更新します。
    DJIウェブサイト( コチラ )からファームウェアをダウンロードし、ファームウェアパッケージが入ったSDカードを機体に挿入し、オフラインで更新します。
    詳細については、ユーザーマニュアルを参照してください。
    M30シリーズは、デュアル制御に対応していますか? 対応しています。
    M30シリーズはどのアプリに対応していますか? DJI Pilot 2(Android版)と、MSDKを使用して開発した他のソフトウェアに対応しています。


    その他

    M30シリーズは、どの国で使用できますか? M30シリーズには、中国版と、グローバル版があります。ご希望の国でこの製品が使えるかどうかは、現地のアフターサービスまたは代理店にご確認ください。
    DJIは、M30シリーズの公式バックパックを販売する予定ですか? 公式バックパックを販売する予定はありません。

    SPEC/状態

    メーカー:
    DJI

    おすすめ商品はこちら

    6958265181153
    22,000  (税込) (税抜 20,000 )
    DJI
    同梱品: ●インテリジェント フライトバッテリー × 1 特徴: 大容量LiPoセル 最大飛行時間31分 複数のインテリジェントバッテリー保護機能
    +
    10 日

    6958265138553
    20,361  (税込) (税抜 18,510 )
    DJI, DJI P4 Multispectral , Phantom4 RTK, Phantom 4 Pro V2.0, Phantom4 Pro/Pro+, バッテリー / 充電器 / ケーブル
    概要: プロフェッショナルレベルの空撮には長時間の飛行が必須です。Phantom 4 Proの最大飛行時間は30分です。より長い時間空中にとどまり、完璧な撮影を実現します。DJI GO 4...
    +
    10 日

    6958265114694
    28,930  (税込) (税抜 26,300 )
    DJI, Matrice 600 Pro, MATRICE600 (M600) Series, バッテリー / 充電器 / ケーブル
    生産完了につき、メーカー在庫限りの販売です。ご購入はお早めにお願いいたします。 ご注文いただきましたタイミングによっては商品をご用意できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。...
    +
    10 日

    商品紹介動画のご案内

    海外ユーザーのレビュー動画など、厳選してご紹介!