Hollyland Solidcom C1 Pro-2S(ヘッドセット x2) | ノイズキャンセリング機能付き 全二重ワイヤレス インターコム ヘッドセット システム HL-Solidcom C1 Pro-2S

◆外部倉庫より直送◆ | 1~3営業日以内の出荷 [倉庫欠品時は納期かかります]
102,300  (税込)
(税抜 93,000 )
10 日
必要ポイント数: 93000 point
6970758744607
+

商品紹介

概要

「HUBでより多くの機能を解き放つ」
Hollyland SolidcomC1Proワイヤレスインカムヘッドセットシステムは、1台のHUBで最大8台のワイヤレスヘッドセットを接続することができます。HUBでは、A/Bグループ通話が可能で、他のHUBとのカスケードも可能です。

「複数システムのカスケード接続」
SolidcomC1Pro HUBベースは、複数システムの相互接続をサポートし、チームのコミュニケーションを拡大します。4WIREオーディオインターフェースで2システムをカスケード接続したり、IPネットワークで2~3システムをカスケード接続することができます。より複雑な会場は、現場で必要な数のシステムを簡単にデイジーチェーン接続することができます。カスケード接続されたシステムは、互いに7フィート以上離れている必要があります。

「UAC機能でWEB会議とリモートのコラボレーションを実現」
Solidcom C1 HUBはUAC(USB Audio Class)機能を搭載しており、HUBをType-Cケーブルでパソコンに接続すれば、ZOOMやSKYPEなどのオンライン上のWEB会議に参加することができます。撮影現場で最大8人のチームメンバーとコミュニケーションできるだけでなく、世界中のどこからでもディレクター/投資家/他のチームと会話することが可能です!


商品情報

スペック等詳細はメーカーサイト商品ページもご参照ください。

https://www.hollyland-tech.com/detail-solidcomc1pro.html


相互承認(MRA)による工事設計認証に関する詳細情報

工事設計認証番号211-230104
工事設計認証番号:211-221129(PDF1PDF2)
工事設計認証番号:211-221130(PDF1PDF2



1,100 フィート (350 m) 全二重 ENC ワイヤレス インターコム ヘッドセット システム

Solidcom C1 Pro は、Hollyland 初の全二重ワイヤレス インカム ヘッドセット システムで、デュアル マイク環境ノイズ キャンセレーション (ENC) テクノロジーを採用しており、信じられないほど軽量で使いやすいです。
ビルトイン ENC を備えた真のゲームチェンジャーであり、優れたコミュニケーションの明瞭さが不可欠な騒々しい環境で作業する制作チームに最適です。
この新世代のヘッドセット システムは、高度な DECT 6.0 テクノロジ、150Hz ~ 7kHz の広帯域オーディオ範囲、最大 1,100 フィート (350 m) の信頼できる LOS 通信範囲を備えています。



非ハブシステム

ハブベースのシステム

デュアルマイクEMC

PIT機能

150Hz~7kHzの広帯域オーディオ

1,100フィート(350m)の信頼できる範囲

DECT6.0 安定性の向上

超長時間

携帯性と耐久性の向上

すぐに使える

下位互換性

A&Bデュアルグループ化

3系統カスケード接続

アナウンス機能

※青セル部分がハブベースシステムでの追加機能





効率的なチーム調整のための ENC 搭載のクリアなオーディオ

比類のないデュアルマイク ENC

Solidcom C1 Pro は、比類のないデュアルマイク ENC テクノロジーを誇り、困難な騒々しい環境からキャプチャされたクリアなサウンドを提供します。その指向性メイン マイクはスピーカーの音声範囲に正確に焦点を合わせ、同時に無指向性セカンダリ マイクはさまざまな方向からの環境ノイズをノイズ サンプルとして収集します。音声信号は高度な ENC アルゴリズムで処理され、環境ノイズを効果的にキャンセルし、非常にクリアな音質を提供します。

注: ENC テクノロジーは、スピーカー側の環境ノイズを除去することで機能し、リスナーはスピーカーの声をはっきりと聞くことができます。




AEC を使用した 150Hz ~ 7kHz の広帯域オーディオ

Solidcom C1 Pro インターコム システムは、最も要求の厳しい制作環境でも本物のクリアなサウンドを提供できます。その優れたアコースティック エコー キャンセレーション (AEC) 機能は、150Hz ~ 7kHz の周波数応答範囲内の不要なエコーを効果的に除去し、より効率的なチームワークをもたらします。



強力な風切り音除去

屋外制作環境で風切り音が気になりませんか? Solidcom C1 Pro は、気流がマイクに直接当たらないようにする汎用性の高いソリューションを提供します。メインマイク用に設計されたY5フェルト紙をウィンドフィルターとマイククッションとして使用することで、ウィンドノイズが大きな課題となる制作環境でも安心して使用できます。



効率性のための並外れたシンプルさ

Solidcom C1 Pro は準備万端です。箱から出してすぐに使える機能は、ワイヤレス インターコム システムのカテゴリーを再定義し、そのシンプルなフォーム ファクター デザインは、幅広い直感的な操作を実現します。ヘッドセットをオンにして頭に装着するだけで、数秒でチームと会話を開始できるため、効率的なハンズフリー チーム コラボレーションに集中できます。

よくマークされたネームプレート

赤:マスターヘッドセット

青:リモートヘッドセット

PTT機能付きTALK/MUTEボタン


1. TALK モードと MUTE モードを切り替えるには、TALK/MUTE ボタンを押します。マイクブームを上下に回転させることで、2 つのモードを切り替えることもできます。
2. PTT 機能を使用するには、TALK/MUTE ボタンを長押しして話し、ボタンを放して自分自身をミュートします。

音量ボタン

+:音量アップ
-: ボリュームダウン

A & B ボタン

非ハブシステムでは、Aボタンでペアリング、Bボタンは機能しません。

ハブベースのシステムでは、AまたはBボタンを押すだけグループAまたはBに切り替えます。

マイクブームインジケーターライト

インジケータライトが点滅: 接続されていません
インジケータライトがすばやく点滅: ペアリング中
赤のインジケータ ライトが 2 回点滅: 電池残量が少ない




1,100 フィート (350 m) の LOS 範囲内で接続を維持

Solidcom C1 Pro マスター ヘッドセットに組み込まれたトランシーバーは、最大 1,100 フィート (350 m) の信頼性の高いワイヤレス双方向通信範囲を提供します。チームは、教会のプロダクション、テレビや映画のプロダクション、ライブ パフォーマンスやイベントなどの主要なイベントで、つながりを保ち、広大なスペースを自由に移動できます。



DECT 6.0 による妥協のないセキュリティと安定性


DECT 6.0 テクノロジを使用して設計された Solidcom C1 Pro は、暗号化テクノロジを使用してシステム外部の人々が会話を聞くのを防ぐことにより、安全な通信を完全にサポートします。








Solidcom C1 Pro は、各ヘッドセットにデュアル アンテナ設計スキームを使用して 1.9GHz 帯域で動作し、通信チャネルのユーザー キャパシティを 2 倍にして、比類のない干渉のない通信の安定性と明瞭さを実現します。



充電式および交換式バッテリーで終日インターホン

注釈:各ヘッドセットには、現場での交換に便利な予備のリチウム電池が付属しており、最小限のダウンタイムでシステムを稼働させ続けることができます。




より良い体験のための携帯性と耐久性の向上

Solidcom C1 Pro ヘッドセットは、PC-ABS 素材を使用して作られているため、非常に軽量です。バッテリーを含めてわずか 170g (6 オンス) で、超コンパクトです。アップグレードされたオーバーイヤー レザー クッションは、人間の耳の構造によりよくフィットし、安定性と快適性を高め、過酷な環境で働く人に最適です。耐久性のあるオンイヤー フォーム クッションも用意されており、さまざまな装着の好みに対応できます。必要に応じて使用するだけで、品質を損なうことなく、驚異的な携帯性と快適さを体験できます。





Solidcom C1 との下位互換性

Solidcom C1 Pro は、Solidcom C1 ワイヤレス インターコム システム全体と完全に互換性があり、柔軟性と拡張性が向上しています。



より専門的なアプリケーションのためのハブの新しいインターフェイス

Solidcom C1 Pro ハブは、まったく新しいインターフェイスで設計されており、よりプロフェッショナルなアプリケーションで、より安定した有線ヘッドセットのハブへの取り付けをサポートしています。ハブベースのシステムの有線ヘッドセットには、不要なバックグラウンド ノイズと迷惑なエコーを大幅に除去する ENC テクノロジも搭載されています。



多様化するコミュニケーションニーズに対応するA&Bグルーピング

Solidcom C1 Pro ハブベースのインターコム システムは、A & B グループ化機能により、より多くの通信オプションを提供します。チーム内のグループ A とグループ B に 2 つのコミュニケーション チャネルを提供し、コミュニケーションの中断の可能性を大幅に排除し、チームの調整効率を向上させます。



クラウド ミーティングへの直接通話の UAC

ハブに搭載されている USB オーディオ クラス (UAC) 機能により、Zoom、Skype、またはその他の会議プログラムを実行しているクラウド会議にいつでも参加できます。 USBインターフェースを介してパソコンをハブに接続するだけです。これにより、オンサイト チームとリモート チームをシームレスに結びつけ、チームがどこにいてもチームの相互作用と創造性を促進します。



マルチパワーオプションで外出先でも通話可能



3系統のカスケード接続でユーザー容量を拡大

Solidcom C1 Pro ハブは、さまざまなシステムを相互接続して、拡張された通信ニーズに対応できます。 2 線式と 4 線式のオーディオ入力/出力インターフェイスを提供し、最大 3 つのハブベースのシステムを IP ネットワーク経由でカスケード接続できます。さらに複雑な運用要件を満たすために、現場で必要に応じてさまざまなシステムを簡単にデイジーチェーン接続できます。


注: カスケード接続されたデバイス間は 2 メートル以上離してください。




緊急時のお知らせ

Solidcom C1 Pro ハブは、緊急時に備えてワンボタンの「ANNOUNCE」機能を備えた設計になっています。緊急時にこの機能を有効にすると、システム内のすべてのヘッドセットが即座にミュートされ、チーム全体が有線ハブ ヘッドセットのユーザーからの直接の指示またはコマンドのみを聞くことができます。



さまざまなチーム規模に合わせてカスタマイズおよび拡張可能

Solidcom C1 Pro は、2 ~ 8 メンバーのチーム サイズに対応するために、さまざまな非ハブ パッケージで利用できます。 A & B グループ化と ANNOUNCE 機能が必要な場合は、ハブ (有線ヘッドセットを含む) を任意の数のヘッドセットに簡単に組み込むことができます。ハブベースのシステムは、最大 9 人のメンバーを持つコミュニケーション チームをサポートします。
注: マスター ヘッドセットは、ハブベースのシステムでは使用できません。





SPEC

伝送範囲 1,100フィート(350m)
周波数帯域 T1.9 GHz (DECT) (国および地域によって異なります)
変調モード GFSK
受信感度 <-90dBm
バッテリー容量 700mAh(2.66Wh)
稼働時間 リモート ヘッドセット (ENC オン): >10 時間
マスター ヘッドセット(5 つのリモート ヘッドセットで ENC ON): >5 時間
マスター ヘッドセット(7 つのリモート ヘッドセットで ENC ON): >4 時間
充電時間 約2.5時間
周波数応答 ENC OFF:150Hz~7kHz(変動幅:±6dB)
ENCオン:150Hz~7kHz
信号対雑音比 71±2dB@94dBSPL、1kHz
ねじれ <1%@94dBSPL、150Hz~7kHz
マイクの種類 エレクトレット
入力音圧 >115dBSPL
出力音圧 94±3dBSPL (@94dBSPL、1kHz)
ENC 20dB±2
正味重量 各ワイヤレス ヘッドセットのバッテリーを含めて約 170g (6 オンス)
温度範囲 0℃~45℃(使用状態)
-10℃~60℃(保存状態)

FAQ

新しいヘッドセットのペアリングに失敗したり、接続が不安定な場合はどうすればよいですか?(日本) その理由は、チャネルが新しいバージョンのヘッドセットで更新されるためです。したがって、まず、リンクhttps://www.hollyland.com/download/download-solidcom-c1-proを参照して、すべてのヘッドセットのファームウェアを最新バージョンにアップグレードする必要があります。次に、リンクを参照して周波数を同じ標準にリセットします: https://drive.google.com/file/d/1VHK_M3p d-KQQ0bOpN5ztWMKrQSmZ7CEM/view?usp=sharing
Solidcom C1 Pro は、日本の同じ場所で何台まで一緒に動作できますか? 350 メートルの同じ範囲で最大 4 セット (HUB バージョンまたは HUB なしバージョン)。

インスタレーション:

a.複数の Solidcom C1 Pro ハブベースのシステムをカスケード接続する場合、2 つのハブ間の距離は少なくとも 1.5 メートルです。


 b. ハブは、空いたスペースの 1.7 メートル以上の高さの場所に設置することをお勧めします。密閉された環境では、ワイヤレス信号の品質に影響があり、伝送距離が短くなる可能性があります。

ファームウェア要件: Solidcom C1 Pro HUB ベースのシステム バージョン 1.0.4.2 以降、Solidcom C1 Pro HUB なしシステム バージョン 1.0.2.8 以降。

ファームウェアアップグレードマニュアル: https://drive.google.com/file/d/1LU6EOowPeWqxS-Sn-dVc9Bb-oBiz0slo/view?usp=sharing
Solidcom C1 Pro のカスケード設定を実行するにはどうすればよいですか? 1) Solidcom C1 Pro ハブベースのシステム内のカスケード:
4 線式インターフェース経由のカスケード:
接続:
標準のネットワーク ケーブルを使用して、4 線式インターフェイスを介して 2 つのハブベースのシステムを接続します。ネットワークケーブルの最大長は 300 メートルです。
4 線式設定:
接続後、ハブの 4 線式設定インターフェイスに入り、Line Sequence Switching を選択し、 一方のシステムを標準として設定し、もう一方のシステムをクロスとして設定します。
セットアップ手順:


RJ45 インターフェイス経由のカスケード:


標準ネットワーク ケーブルを介して、RJ45 インターフェイスを介して 2 つのハブ ベースのシステムを接続します。
ネットワークケーブルの最大長は300メートルです
IP ネットワーク経由のカスケードには、3 つのハブベースのシステムを推奨します。 1 つのシステムはマスター デバイスに設定され、他の 2 つのシステムはスレーブ デバイスに設定されます。設定手順は5.2節で説明した手順と同じです。


設定:

2 つのシステムをネットワーク ケーブルで接続した後、[マスターとスレーブ] を選択し、システムをマスター デバイスまたはスレーブ デバイスとして設定します。一般に、一方のシステムはマスター デバイスとして設定され、もう一方のシステムはスレーブ デバイスとして設定されます。[スキャン] を選択し、マスター デバイスの IP アドレスを選択します。
注: 2 つのハブベース システムの [ネットワーク設定] -> [IP アドレス設定] で、IP アドレス自動スイッチをオフにする必要があります。

セットアップ手順:
Solidcom C1 Pro と Clear-Com 702 の間をカスケード接続するには?
① Solidcom C1 Pro の 2 線式インターフェース
②標準3ピンXLRケーブル
③ (インターコム チャンネル A/B) Clear-Com 702 の 3 ピン XLR インターフェイス

接続:
標準 XLR ケーブルのオス コネクタを使用して Solidcom C1 Pro ハブの 2 線インターフェイスに接続し、メス コネクタを使用して Clear-Com 702 のインターコム チャネル A/B インターフェイスの 1 つに接続します。

設定:
① Solidcom C1 Pro ハブのボタンを押したままにして、メニュー インターフェイスに入ります。
② 2 線式を選択します。
③ Terminal Res を選択した後、Clear-Com 702 からのエコーが聞こえる場合は、キャリブレーションに Auto Null を選択できます。

よくある質問:
質問1:Solidcom C1 Pro からの音が小さすぎる場合はどうすればよいですか?

答え:
Solidcom C1 Pro ハブのメニュー インターフェイスに入り、次のように 2 線設定を実行します。
出力ゲイン: ゲインを 6dB、12dB、または 18dB に設定します。

質問2: Clear-Com 702 からの音が小さすぎる場合はどうすればよいですか?

答え:
Solidcom C1 Pro ハブのメニュー インターフェイスに入り、次のように 2 線設定を実行します。
入力ゲイン: ゲインを 6dB、12dB、または 18dB に設定します。
Solidcom C1 Pro と FreeSpeak II の間をカスケードするにはどうすればよいですか? ① Solidcom C1 Pro の 4 線式インターフェース
②標準ネットワークケーブル
③ FreeSpeak II の 4 線式インターフェース

接続:
標準ネットワーク ケーブルを使用して、4 線式インターフェイスを介して Solidcom C1 Pro を FreeSpeak II に接続します。


FreeSpeak II 設定

Solidcom C1 Pro の設定:
Solidcom C1 Pro メニュー インターフェイスに入り、4 ワイヤ設定 -> ライン シーケンス スイッチングを選択し、標準を選択します。



よくある質問:
質問: どちらのデバイスからも音が聞こえない場合はどうすればよいですか?

答え:
グループに 4 線式オプションがあるかどうかを確認してください。そうでない場合は、どちらのデバイスからも音が聞こえない可能性があります。

Solidcom C1 Pro と Syscom 1000T の間をカスケード接続するにはどうすればよいですか? ① Solidcom C1 Pro の 4 線式インターフェース
② カスタマイズされた RJ45 - デュアル XLR ケーブル
③ Syscom 1000T の 2 XLR 4 線式インターフェイス

接続:
標準ネットワーク ケーブルを使用して、4 線式インターフェイスを介して Solidcom C1 Pro を Syscom 1000T に接続します。
設定:
Solidcom C1 Pro メニュー インターフェイスに入り、4 Wire Settings -> line Sequence Switching を選択し、Standard を選択します。
Solidcom C1 Pro と Solidcom M1 の間をカスケードするにはどうすればよいですか? ① Solidcom C1 Pro の 4 線式インターフェース
②標準ネットワークケーブル(最長300メートル)
③ Solidcom M1 の 4 線式インターフェース

接続:
標準ネットワーク ケーブルを使用して、4 線式インターフェイスを介して Solidcom C1 Pro を Solidcom M1 に接続します。
設定:
Solidcom C1 Pro メニュー インターフェイスに入り、[4 Wire Settings] -> [line Sequence Switching] を選択し、[Standard] を選択します。
Solidcom M1 メニュー インターフェイスに入り、4 Wire Settings -> order Switch を選択し、PIN3 OUT を選択します。
Solidcom C1 Pro と Mars T1000 の間をカスケード接続するにはどうすればよいですか? ① Solidcom C1 Pro の 4 線式インターフェース
②標準ネットワークケーブル(最長300メートル)
③ Mars T1000 の 4 線式インターフェース

接続:
標準ネットワーク ケーブルを使用して、4 線式インターフェイスを介して Solidcom C1 Pro を Mars T1000 に接続します。
設定:
Solidcom C1 Pro メニュー インターフェイスに入り、4 ワイヤ設定 -> ライン シーケンス スイッチングを選択し、標準を選択します。
Solidcom C1 Pro HUB をアップグレードするにはどうすればよいですか? 注意
  • USB ディスク メモリは 32GB 未満である必要があります。そうでない場合は、FAT32 としてフォーマットできません。
  • ハブに十分な電力があることを確認してください。アップグレードが成功する前に、ハブから USB ディスクを取り外さないでください。
  • HUB はアップグレード後に自動的にリセットされます。
  • HUB をアップグレードすると、不明な問題が発生する可能性があるため、オンサイトで必要な場合は HUB をアップグレードしないでください。
  • 常にアップグレードが失敗する場合、またはアップグレード時に不明な問題が発生した場合は、 support@hollyland-tech.comに連絡して 解決してください。

  • アップグレード手順
    1. Google Cloud リンクからすべてのファームウェアをダウンロードします: https://drive.google.com/file/...
    2. USB-A ポートを備え、メモリが 32GB 未満の USB ディスクを 1 台用意します。
    3. USB ディスクをラップトップに接続し、USB ディスクを FAT32 にフォーマットし、アップグレード ファームウェアを USB ディスクのルート ディレクトリに置きます (ファームウェアが 1 つだけ入っていることを確認してください)。フォルダ内には置かないでください。
    4. USB ディスクを USB-A ポート経由で C1 Pro-HUB に接続すると、C1 Pro-HUB は USB ディスクを認識し、アップグレードを開始します。アップグレード後、Solidcom C1 Pro-HUB が自動的に再起動します。
    5. Solidcom C1 Pro-HUB は、異なるバージョンのファームウェアで 2 回アップグレードする必要があります。最初に初期バージョン「HLD_3_RRU_H000_S1.9.3.6」をアップグレードし、次に最終バージョン「HLD_3_RRU_H000_S1.0.3.6」をアップグレードします。

    Windows OSのUSBディスクフォーマット操作
    Solidcom C1 Pro グループを管理するにはどうすればよいですか? Solidcom C1 Pro は、グループ A および B 設定をサポートしています。 RJ45 インターフェイスを介してコンピューターをハブに接続し、Web サーバーの設定ページに入るか、モバイル デバイス上の Solidcom アプリでグループ設定を直接実行します。

    ブラウザベースの設定
    メニューインターフェースで「ネットワーク」オプションを選択します。次に、デフォルトの IP アドレス、ユーザー名、パスワードが [ワイヤー ネットワーク設定] の下に表示されます。
    1.RJ45 インターフェイスを介してコンピューターをハブに接続します。
    2.コンピューターの IP アドレスを 192.168.218.XXX に設定し、ハブのデフォルトの IP アドレスを 192.168.218.10 に設定します。



     コンピューターでブラウザーを開き、http://192.168.218.11 にアクセスして、ハブの構成ページに入ります。
    UAC機能の使い方は? 接続:
    ①ハブ上のUSB-Cインターフェース
    ② USB-A to USB-C ケーブル
    ③コンピュータ

    ラップトップの設定:
    注記:
    Solidcom C1 Pro をコンピュータに接続すると、Solidcom C1 Pro は Solidcom C1 Pro という名前の外部サウンド カードとして認識されます。


    Zoomミーティングの設定:




    HUB グループ設定:

    Solidcom C1 Proでグループ設定を行います。
    UAC In (ハブイン): スピーカー (コンピューターからの音)
    UAC Out (ハブアウト): マイク (ハブからの音)
    Solidcom C1 Pro のマスター ヘッドセットとリモート ヘッドセットをアップグレードするにはどうすればよいですか? 注記:
  • ファームウェアの更新にはリスクが伴います。デバイスが重要なイベントに使用される場合は、ファームウェアの更新を避けてください。
  • アップデート中に突然電源が切れることを避けるため、アップデート中はデバイスに十分な電力があることを確認してください。
  • アップデートの失敗やエラーによりデバイスに不具合が生じた場合は、お気軽に当社テクニカルサポートエンジニア( support@hollyland-tech.com )までご連絡ください。
  • アップグレードは Windows システムに基づいています

  • アップグレード手順
  • アップグレードファイルをダウンロードしてファイルを解凍します
  • ドライバー【VCP_V1.5.0_Setup_W8_x64_64bits.exe】をインストールします。


  •  ヘッドセットを 1 つずつオンにして、USB - Type-C ケーブルを介してラップトップに接続します。


      【I5803_Headset_Upgrade.exe】アプリケーションを開きます


       ヘッドセットを自動的に認識します。【はい】をクリックします。
  • アップグレードが完了するまで待ちます。アップグレード中は USB ケーブルを抜かないでください。
  • アップグレード後、両方のヘッドセットの【A】ボタンを長押しして、マスターヘッドセットとリモートヘッドセットを再度ペアリングします。
  • ENC機能がオンになっているかどうかの確認方法と機能はどうなっていますか? 1.ENC機能がオンの場合、ENCスイッチが黄色に表示され、マイクインジケーターライトが青色に点灯します。
    2.ENC 機能の動作原理は次のとおりです。
    Solidcom C1 と Solidcom C1 Pro は連携できますか? ENC機能はまだ利用可能ですか? Solidcom C1 Pro は、Solidcom C1 と完全な互換性があります。
    Solidcom C1 および Solidcom C1 Pro のファームウェア バージョン要件:
    Solidcom C1 ハブベース システム: V1.0.3.6 以降のバージョン
    Solidcom C1 ハブなしシステム: バージョン V1.0.4.3 以降
    Solidcom C1 Pro ハブベース システム: バージョン V1.0.3.6 以降
    Solidcom C1 Pro ハブなしシステム: バージョン 1.0.2.2 以降
    Solidcom C1 には ENC 機能がないことに注意してください。非常に騒々しい環境で Solidcom C1 を使用することはお勧めできません。
    Solidcom C1 Pro にはサイドトーン機能がありますか? はい、Solidcom C1 Pro にはサイドトーン機能がありますが、レベルは調整できません。

    SPEC/状態

    メーカー:
    Hollyland

    商品紹介動画のご案内

    海外ユーザーのレビュー動画など、厳選してご紹介!