※検索欄にはスペースを入れずにご入力ください。例:Phantom4Pro

<外部倉庫から直送/取寄>DJI Ronin-SC Proコンボ

◆外部倉庫から直送(平日13時までのご注文分で当日出荷)(倉庫品切れ時はメーカーお取り寄せ)◆
63,250  (税込)
(税抜 57,500 )
10 日
必要ポイント数: 57500 point
6958265191176 CP.RN.00000043.01
+

商品紹介

既存のRonin-Sとの違いについて徹底解説しましたので、どちらを購入するべきか悩んでいる方は参考にしてみてください。

サイズと重量:

Ronin-S:サイズ 48.6*20.2*18.5 cm 重量1.84 kg
Ronin-SC:サイズ 37*15*16.5 cm 重量1.1 kg

Ronin-Sと比べると、Ronin-SCのサイズは38%縮小、1.84kgから1.1kgに軽量化されている。

積載量:

Ronin-S:3.6kg(一眼レフとミラーレスカメラ)
Ronin-SC:2kg(ミラーレスカメラ)

Ronin-Sは対応できるカメラが幅広い。
Ronin-SCはミラーレスカメラのために設計されている。

バッテリー:

Ronin-S:最大バッテリー駆動時間:12時間 充電時間:2時間15分
Ronin-SC:最大バッテリー駆動時間:11時間 充電時間:2時間30分(5V/2A充電器使用)

ActiveTrack 3.0機能:

Ronin-S:付いていない
Ronin-SC:付いている

Force Mobile機能:

Ronin-S:付いていない
Ronin-SC:付いている(iSO対応)

Bluetooth機能:

Ronin-S:Bluetooth 4.0
Ronin-SC:Bluetooth 5.0(接続が早い)

ファームウェアアップデート:

Ronin-S:PC経由でDJI Pro Assistant For Roninによるアップデート
Ronin-SC:スマホのRoninアプリ経由でアップデート(より便利に)

各アームの軸ロック:

Ronin-S:できない
Ronin-SC:可能

Ronin-SCは各アームの軸ロックにより、保管や各軸のバランス調整も素早く行えます。

電源スイッチ:

Ronin-S:ジンバルとバッテリーは別々でスイッチON、OFFが必要
Ronin-SC:ジンバルとバッテリーは一つのスイッチボタンでON,OFFできます


創造へのあくなき挑戦

軽量設計で優れた手ブレ補正機能を搭載するRonin-SCは、 ミラーレスカメラ用の3軸スタビライザーで、プロレベルの映像撮影に果敢に挑戦できます。

軽量&コンパクト設計

軽量&コンパクト設計のRonin-SCは、どこへでも気軽に持ち運べどのような状況にも対応できるので、映像やコンテンツ制作において作成の選択肢が広がります。

高強度複合材料とマグネシウム・アルミニウム合金で構成されたボディの重量は、わずか1.1 kg。軽量設計なのに、極めて堅牢な性能を発揮します。

Ronin-SCは、モジュール式で素早くセットアップでき、限られたスペースにもぴったりと収納でき、持ち運びにも便利です。

幅広い互換性

Ronin-SCは、厳しい性能基準を満たしながらも、幅広いカメラとレンズに対応しています。 また、2.0 kgの積載量をサポートする厳密な試験を経て、滑らかかつシネマティックな映像撮影を実現しています。

直感的で分かりやすいシャッターとフォーカスの制御は、多くの市販カメラブランドのモデルに対応しています。

激しい動きに対する安定性

アクション満載のシーンでも、Ronin-SCは完全にブレない映像を撮影できます。スポーツモードでは、安定性を維持しながら各軸の感度を向上。

Ronin-SCは、素早く動く被写体を追跡し、突発的な動きや逆サイドへの方向転換などにも対応でき、効果的な撮影を実現します。

視界を遮らないロール軸アーム

画期的なフレームワークにより、搭載カメラをロール軸よりも高く持ち上げることができ、カメラの内蔵ディスプレイが視界から遮られることはありません。

この設計は、ハンドヘルドジンバルを取り扱う業界で近年多く採用されています。

無制限のパン軸

パン軸の連続的な動きにより、カメラの自由度が増し、野心的な撮影を可能にします。

無制限に回転できるRoll 360を使用すると、完全にユニークな映像を映像制作者は撮影できます。

細部に至るまで

ボタンやトリガーを押すことにより、すべての重要な操作を簡単に行うことができます。

張り出した形状のバッテリーグリップは、滑りにくく長時間楽に持つことができるので、1日中撮影しても疲れません。

ActiveTrack 3.0

Ronin-SCでは、Roninシリーズで初めてアクティブトラック技術が搭載されています。

スマートフォンをカメラ上部に取り付け、RoninアプリとRonin-SCがシームレスに連携することにより、滑らかで正確なジンバル動作をいつでも実現できるので、集中して、思い描いた通りに撮影することができます。

Force Mobile

Ronin-SCで初めて登場するForce Mobileは、カメラワーク制御システムForce Proのアプリ版になります。

スマートフォンを傾けたり回転させたりすると、遅延のほとんどない状態でジンバルを制御でき、 直感的にスムーズで表現力のある撮影を実現します。

Roninアプリ

Roninアプリは、さらに進化し、優れたユーザーエクスペリエンスを実現。プロ向けのRonin-SC用に改良され、操作性が向上しています。

レイアウトが刷新され、事前に設定された利用シーンにすぐにアクセスでき、カメラのバランス調整の仕方など、手持ちジンバルの使用方法が分かるチュートリアルも収録されています。

また、このアプリでは、ハードウェアの調整を最小限に抑えることにより、映像制作者に自由を与え、素晴らしい映像を制作できます。

安全性を備えた簡単セットアップ

各アームの軸ロックにより、保管や各軸のバランス調整も素早く行えます。

すぐに再取り付けができるように、クイックリリースプレートには、カメラ位置を完全に記憶するための位置決めブロックが含まれています。

電源を切ると、モーターは段階的にジンバルの電源を落とし、カメラやレンズの損傷を防ぎ安全に保管することができるので、すぐに次の撮影現場に持ち出せます。

アクセサリーのエコシステム

パワフルなアクセサリー類により、Ronin-SCの使用シーンはさらに広がり、映像制作者に限りない可能性をもたらします。

Focus モーター

Focusホイールと連動し、カメラフォーカスを制御します。

Focus ホイール

脱着可能な設計で、正確かつ滑らかなフォーカス制御を実現。

コマンドユニット

モーター設定の調整や、操作モードを切り替えたり、送信機設定の選択を変更したり、画面上や5Dボタンを操作して実行できます。

スマートフォンホルダー

スマートフォンを、カメラ上部に取り付けてアクティブトラックを使用したり、ハンドル横に取り付けてモニターとして使用できます。

チーズプレート

1/4-20の取り付け穴を搭載し、追加のアクセサリーを取り付けることができます。

バッテリーグリップ

最大操作時間は11時間。張り出した形状のグリップにより、 しっかりと握ることができます。

SPEC/状態

メーカー:
DJI

商品紹介動画のご案内

海外ユーザーのレビュー動画など、厳選してご紹介!