※検索欄にはスペースを入れずにご入力ください。例:Phantom4Pro

<予約>DJI RS 3 | 6月24日発売予定

▶在庫なし/発売前商品◀ | ご予約後の注文、入荷次第の発送
66,000  (税込)
(税抜 60,000 )
10 日
必要ポイント数: 60000 point
6941565928597
+

商品紹介

概要

  • 自動軸ロック
  • 積載量(試験値)3 kg
  • 第3世代RS安定化アルゴリズム
  • Bluetoothシャッターボタン
  • 1.8インチ OLEDタッチ画面
  • バッテリー駆動時間 最大12時間

  • 同梱物

    ジンバル、BG12グリップ、USB-C充電ケーブル(40cm)、レンズ止着サポート、延長用グリップ/三脚(プラスチック製)、クイックリリースプレート、マルチカメラ制御ケーブル(USB-C、30cm)、ねじキット

    細部まで精巧に設計されたDJI RS 3はフリーランスの映像クリエイターや複数人で撮影を行うカメラクルーに、フレキシブルかつ効率的な撮影体験を提供します。
    軽量で洗練された外観、プログレードの安定性、向上した操作性により、可能性がさらに広がり、より自由で創造的な撮影を実現します。 今すぐ、DJI RS 3を立ち上げて、最高の瞬間を捉えましょう。




    すぐに撮影開始

    スピードで、差をつけろ

    クイックリリースプレート



    RS 3は、2層式クイックリリースプレートで素早く簡単にカメラを取り付けることができ、バッテリーやメモリーカードを交換した後に、再びバランスを調整する必要はありません。

    チルト軸に新しく搭載された微調整ノブにより、ミリメートルレベルの精度でカメラを前後にスライドさせることができるため、レンズ交換時に、より簡単に、正確なバランス調整を行えます。

    自動軸ロック



    RS 3は、撮影したい瞬間が訪れたら、素早く立ち上がり、すぐに撮影できます。ジンバルが電源オフの状態で電源ボタンを長押しすると、3軸のロックが解除され、ジンバルが自動で展開するため、素早く撮影に入ることができます。

    運搬時や移動時は、電源ボタンを1回押すと、各軸は自動でロックされ、スリープモードに入るため、効率性が向上しています。また、電源ボタンを長押しすると、ジンバルは自動で折りたたまれ、ロックされます。

    ワイヤレスのシャッター操作



    RS 3は、デュアルモードBluetoothに対応し、ワイヤレスでのシャッター操作[1]が可能。撮影時の時間を節約し、簡単にシャッターを操作できます。

    初回使用時、Bluetoothでペアリングすれば、スタビライザー上の録画ボタンを押すだけで、動画や写真を撮影できます。一度ペアリングしたカメラは、次回利用時に自動で再接続されます。カメラ制御ケーブルを使う必要性は、もうありません。



    常に滑らかに

    プロ向けの安定化性能



    優れた重量対ペイロード比

    RS 3の総重量(ジンバル、バッテリーグリップ、クイックリリースプレート含む)は、わずか1.3 kgで、片手で簡単に持つことができます。 さらに、積載量(試験値)3 kgを誇り、Sony α7S IIIやCanon EOS R5といった主要カメラブランド製品に24-70mm F2.8レンズを取り付けた状態でも、問題なく動作します。
    カメラの互換性を確認



    第3世代RS安定化アルゴリズム

    次世代のRS安定化アルゴリズムにより、RS 3は、どんな撮影シナリオにおいても、高度な安定性を提供します。


    ラボ環境下でのテストから得られたサンプルデータでは、RS 3の安定性は従来モデルRSC 2と比べて、20%も向上。これにより、ローアングル撮影や走りながらの撮影、ハイポジションとローポジション間の切り替えに難なく対応できます。



    想像を超える、滑らかな映像

    もっと滑らかな映像を撮りたいときは、SuperSmoothモード。 RS 3は、モータートルクが強化され、安定性をさらに向上。速い動きのあるシーンでも、焦点距離100 mmのレンズを使用する場合でも、ブレない映像を撮影します。



    指先だけで操作可能

    迅速な制御

    1.8インチOLEDタッチ画面



    白黒のタッチ画面だったRSC 2と比較して、RS 3は1.8インチ OLEDフルカラータッチ画面を搭載。ディスプレイサイズも80%大きくなりました。 また、Roninアプリのほとんどの設定にアクセスでき、再設計されたユーザーインターフェースで、直感的かつ正確に設定変更が行えます。

    素早いモード切り替え



    新たに搭載されたジンバルモードスイッチをスライドするだけで、パンフォロー、パン&チルトフォロー、FPVのモード切り替えを行えます。FPVモードは、3Dロール360、ポートレート、カスタムといった他のモードにカスタマイズできるため、使用する機材に合わせて調整でき、使いたい機能を素早く起動できます。



    カスタム可能なフロントダイヤル

    フロントダイヤルを回転すると、ズームやフォーカスを制御できます。 また、フロントダイヤルは、カメラのシャッター、絞り、ISO[2]やジンバルの動きを制御するようにカスタマイズ可能。 片手での操作を、より自分好みの使いやすい設定に変更できます。



    高い実用性と効率性

    効率的な映像伝送



    スマートフォンで、モニタリング

    RS 3は、Ronin 映像トランスミッター(旧RavenEye 映像伝送システム)[3]に対応。1080p/30fpsのHDライブ映像を直接モバイル端末に伝送します。 最大伝送距離は200 m[4]で、終点間の伝送遅延はわずか60 ms[4]。スマートフォンホルダーを使って、RS 3上のNATOポートにスマートフォンを取り付けると、スマートフォンをワイヤレス モニターとして利用できます。



    モニタリングと制御を、1つのデバイスで

    Roninアプリを使えば、直接カメラの露出をリモート操作したり[2]、 仮想ジョイスティックでジンバルを制御したり、同じデバイス上で、モニタリングと制御のどちらも行うことができます。



    Force Mobile

    Ronin映像トランスミッターを使用すると、スマートフォンをモーションコントローラーとして使うことができます。スマートフォンがRS 3のジンバルを遠隔操作して、より柔軟でダイナミックなカメラワークを実現します。




    撮影にフォーカスできるように

    プロ向けのバッテリー設計

    クイックリリース設計



    刷新されたRS 3のバッテリーグリップにはクイックリリース設計が施され、RSC 2と比べて、バッテリー交換がより簡単になり、サイズが小さくなったことで、収納もしやすくなりました。さらに、バッテリーをジンバルから取り外して、単独で充電することもできます。

    駆動時間12時間 +高速充電対応



    バッテリーグリップは最大12時間[5]駆動するため、一日中続くような長時間の撮影にも十分対応することができます。18WのPD急速充電に対応し、充電時間はわずか2時間半です。充電しながら使用することもできるため、RS 3に継続的に電源を供給し続けられます。




    創造力を開放する

    インテリジェント機能

    モーションプラス トラッキング
    パノラマ




    可能性を広げる拡張ツール

    アクセサリー

    新ブリーフケースハンドル[6]



    再設計されたブリーフケース ハンドルは、折りたためるので収納しやすく、人間工学にもとづいて設計されたハンドルにより、容易に素早く装着し、ブリーフケースモードに切り替えることができます。
    内蔵コールドシューマウントや1/4-20の取り付け穴を使用して、撮影を補助するための外部モニターを取り付けることができ、ローアングル撮影でのカメラワークをより直感的に行えます。

    刷新されたフォーカスモーター[6]



    次世代のDJI RS フォーカスモーター (2022)は、前モデルよりもトルクが3倍(最大1 N•m)強力になり、音声ノイズは50%低減されています。これにより、フォーカス調整がスムーズに行え、撮影時の音声への影響も少なくなっています。 また、クイックリリース設計を採用し、他にツールを用意しなくても簡単に組み立てられるので、すぐに使用できます。

    垂直カメラマウント[3]



    垂直カメラマウントを使用すると、カメラのポートを塞がずに、RS 3にカメラを縦向きに取り付けることができます。様々なアングルでのポートレート(縦向き)撮影が簡単に行え、SNS用の高品質の映像を撮影できます。



    いつでも最適なフォームで

    多様な操作モード

    垂直モード ブリーフケースモード
    吊り下げモード 移動&収納

    1. 対応するカメラモデルに関する詳細は、対応カメラ一覧を確認してください。

    2. カメラ制御ケーブルが必要です。対応カメラモデルの詳細は、対応カメラ一覧を確認してください。

    3. 別売になります。

    4. 無線信号が遮られない、閉鎖環境で、理想的な条件下で、FCC規格およびSRRC規格を用いてテストを実施(CE/MIC(日本)規格を用いた場合は最大100 m)。実際とは異なる場合があります。

    5. 機材が水平に静置され、ジンバルのバランスが取れ、3軸がアクティブ状態で、バッテリーのみでジンバルに電源供給している時に測定。

    6. 使用するには、コンボを購入するか、個別で購入する必要があります。





    SPEC

    周辺機器

    アクセサリーポート NATOポート
    1/4-20 取り付け穴
    コールドシュー
    映像伝送/フォーカスモーター ポート (USB-C)
    RSSカメラ制御ポート (USB-C)
    フォーカスモーター ポート (USB-C)
    バッテリー モデル:BHX711-3000-7.2V
    種類:2S
    容量:3000 mAh
    電力量:21 Wh
    最大 動作時間:12時間[1]
    充電時間:約2.5時間(18W充電器を使用時。PD急速充電プロトコルに対応)
    推奨充電温度:5℃ ~ 40℃
    接続 Bluetooth 5.0
    充電ポート(USB-C)
    Roninアプリ要件 iOS 11以降
    Android 7.0以降
    タッチ画面 対応言語 英語、簡体中国語、繁体中国語、ドイツ語、フランス語、韓国語、日本語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)、ロシア語、タイ語

    動作性能

    積載量(試験値) 3kg
    最大制御回転速度 パン:360°/s
    チルト:360°/s
    ロール:360°/s
    機械的可動範囲 パン軸:360° 連続回転
    ロール軸:-95° ~ +240°
    チルト軸:-112° ~ +214°

    機械的および電気的特性

    動作周波数 2.400~2.484 GHz
    Bluetooth 送信出力 <8 dBm
    動作環境温度 -20°C ~ 45°C
    重量 ジンバル:約990 g
    グリップ:約200 g
    延長用グリップ/三脚(プラスチック製):約183 g
    上部および下部クイックリリース プレート:約107 g
    サイズ 折りたたんだ状態:254×230×68 mm(長さ×幅×高さ。カメラと延長用グリップ/三脚を除く)
    展開状態:364×187×170 mm(長さ×幅×高さ。高さには、グリップを含み、延長用グリップ/三脚は除く)

    DJI Ronin 映像トランスミッター

    接続 電源/通信ポート(USB-C)
    HDMIポート (Mini HDMI)
    RSSカメラ制御ポート (USB-C)
    拡張ポート コールドシュー
    動作周波数 2.400〜2.484 GHz
    5.725~5.850 GHz(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
    重量 126g
    サイズ 82×63×24 mm(長さ×幅×高さ)
    伝送電力 (EIRP) 2.400~2.484 GHz:
    <25 dBm (FCC)
    <20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))

    5.725〜5.850 GHz:
    <25 dBm (FCC/SRRC)
    <14 dBm (CE)
    バッテリー 容量:2970 mAh
    対応充電器:5V/2A
    充電時間:約2.5時間
    最大バッテリー駆動時間:約3.5時間
    伝送範囲 200 m (SRRC/FCC)[2]
    100 m (CE/MIC(日本))[2]
    遅延 60 ms
    動作電流/電圧 900 mA、3.7 V
    動作環境温度 0℃~45℃

    備考

    1. 機材が水平に静置され、ジンバルのバランスが取れ、3軸がアクティブ状態で、バッテリーのみでジンバルに電源供給している時に測定。
    2. 障害物や電波干渉のない開けた場所で測定。




    FAQ

    インテリジェント機能

    DJI RS 3のSuperSmoothモードは、どうすれば有効にできますか? ジンバルのタッチ画面で、ジンバルキャリブレーションのアイコンをタップして、メニューでSuperSmoothモードを有効にします。* [キャリブレーション開始]をタップすると、キャリブレーションが実行され、より安定した映像を撮影できます。

    * SuperSmoothモード使用前は、レンズ固定サポートが装着されていることを確認してください。
    SuperSmoothモードとDJI RS 3の通常の安定化機能の違いは何ですか? SuperSmoothモードは、速い動きを含む撮影シーンを想定して開発されました。このモードでは、DJI RS 3のモータートルクが強化され、安定性をさらに向上。速い動きの撮影シーンでも安定した映像を撮影できます。
    アクティブトラックを使用中、DJI RS 3がフォローできる被写体の数を教えてください。 1つの被写体のみです。
    DJI RS 3でアクティブトラックを使用する場合、構図の調整方法を教えてください。 グリップ上のジョイスティックを使って、ジンバルの操作や構図合わせを行えます。

    ジンバル

    DJI RS 3のアクティベーション方法を教えてください。 デバイスをアクティベーションするには、以下の手順にしたがってください。:
    1. 電源ボタンを長押ししてジンバルの電源を入れます。
    2. モバイル端末のBluetoothを有効にします。
    3. Roninアプリを起動し、DJIアカウントに登録する、もくしはログインします。機器リストからDJI RS 3を選択し、デフォルト パスワード:12345678を入力します。画面の指示に従ってDJI RS 3をアクティベーションします。*
    4. アクティベーションされると、DJI RS 3はスリープモードに入ります。電源ボタンを1回押してスリープモードを終了し、使用を開始します。

    * アクティベーション中は、モバイル端末がインターネットに接続していることを必ず確認してください。
    DJI RS 3のファームウェアの更新方法を教えてください。 以下の手順に従って、ファームウェアを更新してください:
    1. 電源ボタンを長押ししてジンバルの電源を入れます。
    2. Roninアプリを起動し、ジンバルと接続してから、機器リストでDJI RS 3を選択します。
    3. 新しいファームウェアが利用可能な場合、Roninアプリのメインページの上部にプロンプトが表示されます。[今すぐ更新]をタップしてください。* その後、「更新しました」というプロンプトが表示されます。[終了]をタップして、更新を完了します。
    4. もし更新に失敗した場合は、デバイスを再起動して、再試行してください。

    * ファームウェアの更新が完了するまで、ジンバルの電源を切ったり、アプリを終了したりしないでください。
    DJI RS 3は防水ですか? いいえ、DJI RS 3のポートには、防水性や防塵性はありません。使用中は、デバイスの故障を避けるため、水や埃から遠ざけてください。
    DJI RS 3の素材は何ですか? DJI RS 3の素材は、主にアルミニウム合金で構成されています。
    DJI RS 3は、どのようなカメラとレンズに対応していますか? Roninシリーズの互換性ガイドを参照してください:https://www.dji.com/jp/support/compatibility
    DJI RS 3では、ショートカット操作はできますか? 1. 電源ボタン
    長押し:電源オン/オフ:
    1回押す:スリープ/スリープ解除

    2. トリガーボタン
    長押し:ロックモード開始
    2回押す:ジンバルを再センタリング
    3回押す:セルフィーモード開始

    3. フロントダイヤル
    電動フォーカス(デフォルト設定)

    4. カメラ制御ボタン
    半押し:オートフォーカス
    1回押す:録画を開始/停止
    長押し:写真撮影

    5. ジョイスティック
    上下に倒す:チルト軸の動きを制御(デフォルト設定)
    左右に倒す:パン軸の動きを制御(デフォルト設定)

    6. Mボタン
    1回押す:タッチ画面のロック/ロック解除、もしくは写真撮影のいずれかにカスタマイズ
    長押し:スポーツモード開始
    長押ししながら、トリガーボタンを2回押す:スポーツモードをロック。同じ操作を繰り返して終了
    Mボタンとトリガーボタンを長押し:自動キャリブレーションを開始
    DJI RS 3の自動軸ロックは、どのように使用しますか? ジンバルが電源オフの時、電源ボタンを長押しすると、3軸がロック解除され、自動的に展開され、数秒で使用を開始できます。再度、電源ボタンを長押しすると、3軸がロックされ、ジンバルの電源がオフになります。使用中に、電源ボタンを1度押すと、3軸が自動でロックされ、スリープモードに入ります。もう一度電源ボタンを押すと、ロック解除され、スリープが解除されます。
    DJI RS 3の異なるジンバルモードを有効にする方法を教えてください。 新たに搭載されたジンバルモードスイッチを使用して、パンフォロー、パン&チルトフォロー、FPVのモード切り替えを素早く行えます。FPVスイッチは、3Dロール360/ポートレート/カスタムといった他のモードにカスタマイズすることもできます。
    DJI RS 3の積載量(試験値)の最大値はどのくらいですか? 約3 kgです。

    カメラ制御

    DJI RS 3のBluetoothシャッターは、どのカメラを操作できますか? Roninシリーズの互換性ガイドを参照してください:https://www.dji.com/jp/support/compatibility
    DJI RS 3のBluetoothシャッター操作は、どのようにして有効にしますか? 内蔵タッチ画面のメインページで下に向かってスワイプして、Bluetoothアイコンをタップすると、DJI RS 3が周辺デバイスのBluetooth信号を探し始めます。お使いのカメラのBluetooth名を選択します。カメラの機種によっては、連携パスワードが必要な場合があります。接続が成功すると、Bluetoothアイコンの色が青に変わります。詳細な手順については、DJI RS 3/RS 3 Proの接続に関するチュートリアルをご覧ください。
    DJI RS 3のBluetoothシャッターで制御できる機能は、どのような機能ですか? ボタンを半押しするとオートフォーカス、一回押すと録画開始、長押しすると写真を撮影します。

    アクセサリー

    DJI RS 3 Pro、DJI RS 3、DJI RS 2、DJI RSC 2のアクセサリーで互換性があるものはありますか? 以下の付録を確認してください:DJI RSシリーズのユニバーサル アクセサリー リスト https://dl.djicdn.com/downloads/DJI_RS_3/DJI_RS_Series_Universal_Accessories_List_jp.pdf

    バッテリー

    DJI RS 3のバッテリーグリップの駆動時間は、どのくらいですか? 最大12時間です。(機材が水平に静置され、ジンバルのバランスが取れ、3軸がアクティブ状態で、バッテリーのみでジンバルに電源供給時)
    DJI RS 3のバッテリーグリップを完全充電する場合、どの程度の時間がかかりますか? 約2.5時間です。*
    * 18W充電器で測定。PD急速充電プロトコル対応の充電器を使用することをお勧めします。DJI RS 3での急速充電には、USB-C - USB-C充電ケーブルが必要です。
    充電中に、DJI RS 3を使用できますか? はい。
    DJI RS 3のバッテリーグリップは、DJI RS 3 Pro、DJI RS 2のものと互換性がありますか? DJI RS 3のバッテリーグリップは、DJI RS 3 ProやDJI RS 2のものとは互換性がありません。

    SPEC/状態

    メーカー:
    DJI

    商品紹介動画のご案内

    海外ユーザーのレビュー動画など、厳選してご紹介!