※検索欄にはスペースを入れずにご入力ください。例:Phantom4Pro

<在庫なし/取寄せ>DJI FPV COMBO

▶取寄◀ | 納期 約2~3週間 [海外在庫ある場合] または納期 約1週間 [ 国内在庫ある場合]
154,000  (税込)
(税抜 140,000 )
10 日
必要ポイント数: 140000 point
6941565903914
在庫切れ

セット販売

DJI FPV COMBO アウトドアセット

商品紹介

アクティベーション時はアプリを起動しているモバイル端末のBluetoothをonにして進めてください。


  • 没入感あふれる飛行体験 [1]
  • 4K/60fps 超広角150° FOV [2]
  • 低遅延のHD動画伝送 6 km [3]
  • 刷新されたSモード
  • 緊急ブレーキ&ホバリング [4]
  • DJI Care Refreshサポート対象 [5]





1. DJI FPVの飛行前に、必ず現地の法律や規則を確認してください。安全に飛行し、現地の法律や規則を遵守していることを確認してください。日本国内において屋外でゴーグルを使用しての飛行は目視外飛行になり、航空局からの飛行の許可・承認を取得する必要があります。

2. 150°FOVは、50 fpsまたは100 fpsで撮影する場合にのみ適用。

3. MICに準拠している場合(FCCでは、最大10 km)。障害物、電波干渉のない環境での測定値です。必ず現地の法律および規制に従い、許可がない限り、目視範囲内でドローンとその周囲を常時監視して飛行させてください。

4. 機体がNモードの時のみ、障害物検知機能は利用できます。このモードでは、DJI FPVは障害物を検知すると自動で減速しますが、自動で停止するわけではありません。

5. DJI Care Refresh (DJI FPV)は、ドローンを安心して飛ばしていただける保証プランです。DJI Care Refresh (DJI FPV) は、少額の追加料金で、製品交換サービスを提供します。DJI Care Refresh(2年プラン)を購入すると、通常1年間のメーカー保証が2年間まで延長されます。DJI Care Refreshは、機体がMモードで使用時(電源を入れてから切るまで)に生じた損傷や紛失は、保証対象外です。詳細については、DJIサポートまでお問い合わせください。

6. DJI Virtual Flightアプリは、現在iOSデバイスのみ対応しています。

7. DJI モーションコントローラーは、別売です。



よくある質問に対する回答


DJI FPVと従来のドローンの違いは何ですか?


一般的に、FPVドローンと従来のドローンの違いは2点あります。1点目の違いは、FPVドローンは、ゴーグルを通して没入型飛行を体験できる点です。2点目の違いは、飛行そのものです。大半のカメラドローンと比較して、FPVドローンは一般的に、最大飛行速度は高速で、どの軸に対しても角度制限がなく、自由度の高い操作が可能になります。この特徴により、FPVドローンの飛行には一般的に高い操作スキルを要します。


DJI FPVと従来のレース用ドローンの違いは何ですか?


DJI FPVはイメージングシステムを内蔵し、最大6kmの高解像度かつ低遅延での映像伝送を実現。バッテリー駆動時間は約20分を達成しています。完全一体型のフルセット版なので、ユーザーは自分でドローンを組み立てる必要はありません。DJI FPVには、緊急ブレーキ&ホバリングやスマートRTHのような高度な安全機能が搭載されているので安全性が高く、また、DJI Care Refreshサービスにも対応しているので、安心して飛行することができます。


DJI FPVコンボを購入する利点はありますか?

DJI FPVコンボには、飛行を始めるのに必要なものが全て揃っています。コンボには、FPVドローン、Goggles V2、送信機 2、DJI FPVインテリジェント フライトバッテリー、DJI FPV Gogglesバッテリー、DJI FPV AC電源アダプター、関連ケーブル&アクセサリーが同梱されています。FPV飛行を始めたいと思っている人にはぴったりのセットです。


モーションコントローラーは、どのようなコントローラーですか? また、どのような点が魅力ですか?

DJIモーションコントローラーは、飛行体験を一新する小型のハンドヘルドデバイスです。この小型デバイスを使用すると、機体は手の動きに従って飛行するため、超直感的な飛行操作を体験することができ、さらに、初心者でも経験を積んだFPVパイロットのようにスムーズに操作することができます。


ドローン初心者なのですが、DJI FPVの使い方について、参考にできるものはありますか?

DJI Flyアプリのフライトアカデミー内にある、DJI FPVのユーザーマニュアルと包括的なチュートリアルで確認できます。また、DJIによって開発されたDJI Virtual Flightアプリ[6]を使って、現実世界で実際に飛行する前に仮想空間で練習することもできます。DJI FPV Goggles V2と送信機を、DJI Virtual Flightアプリを入れたモバイルデバイスに接続するだけで、安全にFPV飛行を練習し、スキルを習得することができます。


DJI FPVには、故障や損傷を保証するサービスはありますか?

DJI FPVには、標準的な製品保証サービスがついてきます。DJI FPVを故障や損傷から保護したい場合は、DJI Care Refreshを購入してください。製品交換などを含む包括的なサービスプランで、安心して飛行することができます。DJI Care Refresh 1年プランは、少額の追加料金を支払うことにより、1年間で2回の製品交換を提供します。DJI Care Refresh 2年プランは、2年間で3回の製品交換を提供します。DJI FPVの購入の際に、どちらのプランも購入することができます。


DJI FPVは、障害物検知や障害物回避に対応していますか?

DJIFPVの機体には、前方&下方ビジョンセンサーが搭載されており、Nモードで飛行中、機体は物体を検知すると自動的に減速します。しかし、自動で回避する機能は搭載されていません。障害物を検知すると、機体は減速しますが、停止するようにパイロットが機体を制御するまで、完全には停止しません。


DJI FPVドローンを自分で組み立てる必要がありますか?

いいえ。DJIドローンの従来モデルのように、DJI FPVは組み立ての必要はありません。開封後、プロペラとバッテリーを取り付ければ、DJI FPVの機体の飛行準備は完了です。一方で、DJI FPVにはモジュラー設計が施されているため、パーツの交換が簡単に行えます。トップカバー、ジンバルカメラ、ランディングギアが損傷した場合、これらのパーツを交換することができます。


DJI FPVの最大伝送距離を教えてください。

DJI FPVには、DJI史上最もパワフルな伝送システム、DJI O3 (OcuSync 3.0)が搭載されています。DJI O3は、DJI FPVの独特なニーズに応えられるよう設計されており、クリアな映像を、最大6 kmの距離までリアルタイムで伝送することができます。














▲スマートフォンライブビュー

スマートフォンとゴーグルがケーブルで接続されている場合、ゴーグルからのライブビュー映像をスマートフォンのDJI Flyアプリで見ることができます。[11]


▲編集&シェア

DJI Flyアプリ上で数タップするだけで、映像を再生・編集でき、SNSで共有もできます。



▲フライスポット[12]

スマートフォンとゴーグルがケーブルで接続されている場合、ゴーグルからのライブビュー映像をスマートフォンのDJI Flyアプリで見ることができます。[11]
DJI Flyアプリ上で数タップするだけで、映像を再生・編集でき、SNSで共有もできます。
フライスポット機能を使えば、近くの人気空撮スポットを見つけることができます。

SPEC/状態

メーカー:
DJI

機体 

DJI無償付帯賠償責任保険(ドローン保険):
航空法における「無人航空機」:

商品紹介動画のご案内

海外ユーザーのレビュー動画など、厳選してご紹介!